野菜不足が子供に与える悪影響

子供の野菜嫌いに悩まされている親御さんは多いと思いますが、だからといってそのまま諦めるのはやめてください。
みなさんの中にも嫌いなものを無理に食べさせる必要はないと考えている人もいるでしょう。
しかし、野菜を食べないと子供に様々な悪影響を与えてしまうので注意してください。
例えば、子供が野菜不足だと体の成長に支障をきたすことになります。
成長期に必要な栄養を摂取しないと身長が伸びなかったり、体重が増えない可能性があります。
また便秘や貧血といった症状も野菜不足によって引き起こされます。
さらに悪影響を与えるのはなにも体の成長だけではありません。
脳や神経の発達にも支障をきたし、読み書きする力や考える力、コミュニケーション能力などにも影響を与えるといわれています。
この他にも心配なのが子供の生活習慣病です。
生活習慣病というと中高年がなるイメージが強いですが、栄養バランスの悪い食生活をしていると子供だってなる危険があります。
偏った食生活をさせることで体重だけが増えてしまって肥満になり、そこから脂質異常症や高血圧を発症するかもしれません。
このように子供の野菜不足は大人と同様深刻な事態を招く危険があるので気をつけないといけません。

 

 

 

人気青汁クチコミランキング

情報

詳細はこちらから

 

 

 

 

野菜不足を補うには青汁が一番

子供に野菜を食べさせようと思ってもそう簡単に食べてはもらえませんよね?
重度の野菜嫌いな子供だとどんなに味や見た目を変えても嫌がる場合があります。
そこでそんな子供の野菜不足を解消させたい場合、青汁を試してみてはいかがでしょうか。
青汁と聞くと大人が飲む印象が強いかもしれませんが、最近では子供と一緒に飲んでいるケースも多いです。
一昔前に比べると格段に飲みやすくなっているので、きちんと選べば子供でも飲むことができます。
「野菜ジュースでもいいのでは?」と思う人もいるでしょう。
確かに野菜ジュースでも野菜の栄養を補えるかもしれませんが、青汁の方が栄養素が豊富です。
市販の野菜ジュースは飲みやすくするために糖分が強かったり、添加物も含まれています。
さらに大抵のものはカロリーが高く、体にとってそれほど良くありません。
一方、基本的に青汁には健康に害を与えるようなものは含まれていませんし、低カロリーです。
普段の食事に青汁を足してもカロリーオーバーになることがありません。
ただし、青汁だけを飲めば野菜を食べなくてもいいという訳ではないです。
青汁はあくまでも不足している栄養素が補うためのものなので、食事でもできる限り野菜を食べるようにしてください。

 

 

子供に最適な青汁とは?

大人であればどの青汁でも飲めるかもしれませんが、子供だと飲めないものも出てきます。
いい加減に選んでしまうと子供が飲んでくれない場合もあるので青汁選びは慎重に行ってください。
特に気をつけたいのは「味」です。 飲みやすくないと最初は飲んでくれるかもしれませんが、だんだん嫌がるようになり、
野菜嫌いに拍車をかけてしまうかもしれません。
そのため、なるべく自分から飲みたいと思えるような青汁を購入するようにしてください。
まず、子供にとって飲みやすい青汁を探す時に大事なことはケールを主原料として使用していないことです。
青汁によく使用されているケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が非常に高く、健康にいい野菜です。
ただ独特の苦味やクセがあるため、ケール青汁は大人でも飲めない人が多いです。
味に敏感な子供にとってケール青汁を飲むのは苦痛の何ものでもないので避けるようにしてください。
大麦若葉や明日葉を主原料としたものなら甘みがありますし、ケールのような独特な味もしないので飲みやすいはずです。
そして、子供の健康を考える上でも安全性にこだわってください。。
青汁の中には海外の素材を使用したものや農薬を使用したものもあります。
そういった青汁を飲んだからといって直ちに健康に害を与えるようなことはないかもしれませんが不安に残りますよね?
できる限り、無農薬で栽培した国産の素材を使っているものを選びましょう。

 

 

青汁を子供に飲ませる方法

青汁を子供に飲ませようと思っても飲んでくれない場合もあるでしょう。
大人であれば健康のために我慢して飲むことができますが、子供だと無理があります。
だからといって無理やり飲まそうとするとさらに青汁が嫌いになってしまうので逆効果です。
では、こういった場合どうすれば飲んでくれるのでしょうか?
よくみなさんが使っているのはジュースや牛乳に混ぜるという方法です。
オレンジやアップル、グレープフルーツ、ブドウといったフルーツ系のジュースに青汁を混ぜると苦味が上手く消えてくれます。
ただフルーツによっては相性が悪いものもあるので試行錯誤した方がいいです。
野菜ジュースを飲めるのならその中に入れれば違和感なく飲めるはずです。
牛乳の中に青汁を入れると抹茶ミルクのような味になり、青汁っぽさがなくなります。
大人でもこの方法で飲んでいる人が多く、味も美味しいのでおすすめです。
また、最初から1袋全部を飲ませるのは難しいので、少量から始めてください。
味に慣れていけば、少しずつ増やしていっても飲めるようになります。
そして、飲み物だ駄目ならスイーツに混ぜるというのも1つの方法です。
ヨーグルトやアイスクリーム、ホットケーキといったものに混ぜると美味しく食べることができます。
便秘解消したい